サインを察知しよう/浮気調査を行うなら、独自ではなくプロの探偵に任せよう

浮気調査を行うなら、独自ではなくプロの探偵に任せよう

カメラを構える男性

サインを察知しよう

サービス案内をする女性

急にメールを頻繁に気にし出す、出張回数が急に増える、帰ってすぐお風呂に直行する、携帯を家の中でも持ち歩くようになった等の配偶者の変化は浮気のサインです。
探偵事務所を依頼する場合は、費用対効果を考えて不貞行為の証拠を集めた方がいいとされています。
探偵事務所を選ぶ場合は、値段だけで選ぶのは危険です。
探偵業法という法律ができ、探偵社は届出制となりました。
しかし、調査能力がなくても届出をすることが可能なのです。
つまり、経験の少ない探偵事務所も存在しているということです。
値段が安いからと依頼をして対象者に警戒されれば、探偵事務所に支払った費用が全て無駄となり、場合によっては不利なと立場となってしまいます。
探偵事務所を選ぶ際は、値段だけでなく対応力や調査力をしっかり見ることが大切です。
それから、浮気の証拠を確保することができるまでは、配偶者に浮気を疑っていることを、気づかれないように日常生活を送ることが大切です。
万が一、気づかれたりすると、証拠を消されてしまったり、用心して浮気相手と会わないようにしたりするからです。
有利な条件で離婚をしたいとか、慰謝料請求を考えている場合は、証拠収集という目的を達成するためにも、証拠が揃うまでは我慢が必要です。
配偶者と浮気相手の不貞行為の証拠が揃えば、配偶者と浮気相手の双方に慰謝料の請求をすることができます。
そうなれば、慰謝料から浮気調査の費用を賄うこともできます。
話し合いができない場合は、内容証明で慰謝料を請求することも可能です。